ジムカーナシーズン到来!まずは姫路。などなど。(写真追記あり)

新年を迎えたと思ったら、すぐに2月。
恒例のシリーズ表彰式には、WIZARDメンバー3名がお呼ばれしました。

2017年シリーズ、WIZARD表彰者のみなさん。
画像

N島さん:ミドルシリーズGT1500クラス
画像

N村(黒兄)さん:JAF近畿地方選手権B3クラス
画像

T谷さん:ミドルシリーズGTFWDクラス、JAF近畿地方選手権B2クラス

以上、表彰の皆様おめでとうございました!

そして、3月シーズン開幕です。
近畿シリーズより一足早く、姫路シリーズが開幕しておりますが、参戦された180さんからレポートが届きましたのでご紹介しますね(^^)/

*****では、180さんのレポートをどうぞ~*****

3月11日に姫路シリーズの開幕戦に参加してきました。
天候に恵まれて、終日雨を心配する必要もない上に、日差しが暖かいジムカーナ日和な一日でした。
今回WIZARDからは僕ひとりの参戦と寂しい限りですが、昨年最終戦以来の久しぶりのジムカーナを楽しむことにします。

ちなみに初戦の参加者が全クラスで20名と、元々人数の多くない姫路シリーズですが、今回は特に少なくパドックもこじんまりとしてました。次戦以降はもう少し増えるかな?

今回コース図が受付と同時に配布され、いつも覚えるのに苦労する僕としてはとても助かりました。
画像

加えてアクセル全開区間や細かくサイドを引く区間、ミニスラロームとなかなか楽しそうな設定です!
朝一番の練習走行では、突っ込み過ぎていたのかアクセルを踏んでもタイヤが空転していて、なかなか前に進んでくれません。

モヤモヤ感が漂う中を続けて始まった本番一本目。
台数が少ないこともあってか一台ずつの走行で、同じクラスの目安になるタイムを聞いてスタート。
途中のパイロンで設けられたゲートを越えた辺りで、コース設定者(某M田選手)の狙い通りに挙動が不安定になってリヤが流れそうになるも、何とか踏ん張って一瞬Fドリ状態に。
これで更に自身のテンションが上がったのか、パイロンから離れつつもゴールまでアクセルを踏んで攻め込む事が出来て、暫定2位に!
画像

いつものお弁当に加えて、特製の豚汁も振舞われた昼食や、昼の慣熟歩行を挟んでむかえた2本目では、前半の勢いは悪くありませんでしたが、一本目と同じくゲートを越えた辺りでまたもやふらつき、今度は耐えきれずにリヤが回ってスピン!禁断のバックギアを使いジ・エンド。
しかし、一本目のタイムで何とかギリギリ表彰台の端っこに残る事ができました!久しぶりの表彰台です!
画像

周りの方々の協力を頂いての参戦なので、まだまだ今年の予定も分かりませんが、たまにこんな嬉しい出来事があると、やっぱりジムカーナはやめられまへんなぁ~。
皆さんも一度遊びに行ってみませんか?

*****以上180さん、ありがとうございました

気分アゲちゃって、アクセル踏み込めて楽しそうですね~
愛しのスラローム、コースに入っていたのね。。。
コース作ったのM田さんなのか、ブラボー。
また私が観戦できる時に、お願いします(笑)

180さん、開幕表彰台おめでとうございました
次回のご活躍も楽しみにしています!

この姫路シリーズに続いて、18日に近畿シリーズも開幕しました。
詳細を伺ったら、またご紹介しますね。

では、今年もみんなの笑顔があふれるシーズンとなりますように。

姫路セントラルパークジムカーナシリーズ最終戦&速報!(追記あり)

昼間は晩秋の匂いの姫センでしたが、朝は真冬のように寒かった!
台風が終わったら、あっという間に冬です!風ひきました!
ということで、近畿シリーズに遅れ姫路シリーズもいよいよ最終戦となりました。
画像

ももかあちゃんが愛してやまない、懇願した?スラロームが最終戦で、ようやく「マゾマゾ」っぽく登場
コース図見た瞬間、あああなたを待っていたのよ的な感無量(笑)
根気強く応援に通った甲斐があったよ。神だよ
スラローム愛を炸裂させてしまいました。

今回はN島さんが何でいない?
会場でも「あれ今日は赤いのは?」とか「N島さんいないの?」と聞かれました。
アットホームなので、常連になると参加者同士が気にかけてくれます(笑)
S谷先生たちは前週のG6フェスの方だったしな、ということで今回のWIZARDメンバーは。
B1クラスにH垣さんと白兄とうちゃんがデミオでダブルエントリー、RT2クラスに180さんがエントリー。
スイーツ番長とオレンジ耳キャンディーさん、ももかあちゃんで応援です。

今回のコースは走った人は泣かされたと思うけど、見てる私にはすごく面白いコースだった。
ぴりっと罠の効いたパイロンの面白さを感じられるもの。
やっぱり姫路にはスラロームが必要だ
そんな一筋縄ではいかないコース、淡々と作戦通りに走りきったH垣さん。
1本目で9秒、2本目も2秒の呪いにかかった白兄とうちゃん。
1本目ものすごく華麗に熱く攻めた見事な走りから突如コースがショートカットされた180さん
画像

いろいろありしたが、確実に走りきったH垣さんが2位入賞。
画像

そしてH垣さんは見事B1クラスシリーズチャンプを獲得しました。
おめでとうございます「

さあ、いつもなら終わってる我らWIZARDの物語。
最終戦は走り以上に熱く、抽選会で歴史が動いた
画像

最初はね、最終戦の抽選分でいつもの如くお約束の展開でしてね、3人揃って炭酸飲料しか当たらなかったんですが。。。
今回は最終戦、シリーズ最後のお祭りなので大抽選会があります!
N島さんがいないので、展開は非常に暗い予想となっておりましたが。。。

最初の箱物の抽選はカップ麺の「もっちっち」。
希望者が希望の商品のジャンケン抽選に、3人も参加。
実は180さんは違う商品を狙っていたので、このもっちっちには参戦しないつもりだったのですが。。
当たらないって!とそそのかされて参加したら、なんと「負けた人」に当たる抽選になりまして。
こんな時に限って本領が発揮されたWIZARDパワー。
画像

なんと「これじゃない~い」て180さんに当たってしまいました!
そのため、180さんは本当に欲しかった商品のジャンケンに参戦できなくなってしまったのです
ここから物語の第二章へ突入します。
いくつかの抽選を規定通りに外し、いよいよ180さんが狙っていた商品の番です。
今回の一番の目玉だったらしく、最後は「勝った人」に当たるジャンケン。
いつもならもう終わってます。参加すらしない展開ですが。。。
180さんの代わりにダメ元でH垣さんと白兄が参戦しました。
そしたら白兄とうちゃん、あれ勝ち残ってきたぞ?
画像

「じゃん~んけ~んぽ~ん!」あらま!奇跡の勝利の瞬間です。
画像

なんと白兄とうちゃん、勝てました!
そういえば去年もマッサージ機当てたんだ。
パイロンの呪いを最後の抽選会のトリで呪い返してたんか!?

ということで、めでたく、記念品贈呈~
画像

お互いに予定外に当てることになった戦利品を欲しかったものと交換です
H垣さんは優勝景品をボロボロもらったので、結果的に3人ともお土産もって終了となりました。
画像

今回の集合写真をパチリ。
今年も楽しかった~ありがとうございました!
(撮影はH井さん、感謝です

帰る頃には日が沈みかけ、寒くなってきたなと思ってたら遊園地が。。。
画像

観覧車が雲海?の中に浮かぶという幻想的な光景に見送られ帰路につくこととなりました。

あー。しかし笑ったわ。
また来年もみんなで走りのひと時を楽しめたらいいな。
参戦、オフィシャルの皆様、お疲れ様でした

*****とここへ速報が舞い込んできました!*****

我がクラブのレース組、ロードスターのN村選手が快挙です!
N1ロードスター最終戦を2位で走り終え、なんとシリーズチャンピオンが確定したとのことです
画像

レースの方のお仲間に囲まれての笑顔の一幕が届きました。
いや~おめでとうございました!(^^)/
キメ顔作っても、隠しようのない喜びが表情筋から漏れている

いいお写真で、喜びの一報でした

2017G6フェスティバル参戦紀

時は霜月19日。
所は奈良県山添村の一角にある、速さに魅入られた修羅達が集うと畏敬の念で語られる修練場、名阪スポーツランド。その日も鋼鉄の鎧を身に纏いし修羅達が121名集まった。G6ジムカーナシリーズ、平成29年の集大成、祭典の開催である。

今回の主幹は際立った力量をもつ修羅を数多く擁し、精妙かつ勇猛でその名を馳せる有限会社ファインアート、そう、かつてここ名阪を疾駆した伝説の黒きランサーエボX・GSRを生み出した、あのファクトリーである。
ファインアートが趣向を凝らして修羅たちに示した試練はこうだ。
画像

スタートするや左に旋回して渾身の力で地を掻きホームストレートを加速する。島を回り通称「鬼斬」と呼ばれる別の島へ向かう。第一コーナーには早速規制パイロンが置かれている。斜めになっているため不用意に寄せると鉄の鎧に触れてしまう。油断ならない。鬼斬を抜け、パイロンが立ち並ぶ平野に向かう。このパイロンをどのように捌くか、鎧の大きさや性能、修羅の修練度、戦い方で若干の差が出る。その後小さな島を周り、イトウコーナーと呼ばれる魔の口を通り過ぎたあと更に島を一周りして外周に戻る。奥のヘアピンを引き戻り、ホームストレートに戻るがそこにはさらにパイロンが立ち並び、疲弊した修羅と鉄の鎧を迎え撃つ。

その日は気温が低く、前日の雨のため路面は冷え切っており、鉄の鎧が履くゴムの草鞋は今ひとつ踏ん張りが利かない。何時になく危険を孕んだ非常にタフな試練となった。
我がWIZARDからは二名の修羅が参戦した。絶えず穏やかな笑みを浮かべ冷徹な技術でEK9を駆るT谷、そしてかつて伝説の黒きランサーを操っていたS谷、現在は黒きZ34を操り修練場に立った。

第1走、T谷はそつなく試練を乗り越えたがなぜかMCのアナウンスが。T谷には全く身に覚えがない。何の間違いか気になるがどうしようもない。抗議をしても始まらない。この修練場はそれほど生易しくはないのだ。さすがのT谷にも焦燥の翳りが見えた。ここは堪えて第2走にかけることにした。S谷は久々の実戦で思うほど攻めきれずタイムが出ない。Z34のパワーに助けられて9台中暫定5位。

第2走、T谷は第1走の鬱積を晴らすべく出走し、隙きのない走りでクラス2位となった。1位こそ逃したが盤石の技量は流石である。S谷も気持ちを切り替え出走したが僅かにタイムアップするも届かず5位に甘んじた。鉄の鎧は十分な状態とはいえず、また普段の修練が足りていないことが白日のもとにさらけ出された結果であった。
画像

画像

その後の抽選会、WIZARDの籤運のなさは以前から定評の有るところであったが、今回は2人の間に明確な差が出た。T谷は白米を始め様々な戦利品を得たがS谷はお零れしか得ることが出来なかった。米ばかりでなく犬の縫い包みすら得ることも叶わず、寒さが骨に滲みてくるのを感じずには居られなかった。他の数多き戦利品をせしめている修羅たちを見るに普段からの修練、試練への参加数経験値こそが籤運を決める要因であるかと思わざるを得ない。
画像

画像

平成29年はG6ジムカーナシリーズという修羅の門を開いた重鎮が他界した年となった。様々な理由から存続が危ぶまれたG6ジムカーナシリーズだが、残りし者達の意志は固く来年からもG6は続くこととなった。4人となってしまったG6の主たちの意思に応え、集いし修羅たちは次年度の熱き闘いを誓い合うのであった。主たちと修羅たちの思いは高く天空に召された主の元に届くだろうか。
そしてひとしきり寒さと試練に耐えた後修羅たちは帰路についた。
明日からまたそれぞれの日常が始まる。
画像


*****以上、参戦レポート終了。

台風だったかと思ったら、今度は寒波に見舞われながらのイベントとなったようです(^^;
G6フェスティバスに参戦してきたS谷先生から届いた、熱いレポートをお届けしました!
雑誌の記事かと思う、いつもの雰囲気とは違うレポートでした
G6の受け継がれる意志、走りを求める者たちの大切なイベントとして末長く楽しいひとときが続きますように。

本格的レポートの次は、いつもののほほんとした姫路最終戦のレポート予定です(笑)
S谷先生、かっこいい参戦記ありがとうございました

姫路セントラルパークジムカーナシリーズ第4戦

台風の雨に打たれました。
N島さんは前週の西フェスに続き、連続で台風に見舞われました。嵐の男になった!
ということで、ももかあちゃんか軽く熱っぽいなオチ。

そんな嵐の中で、川のように水が流れる路面でばしゃ~んといいながら熱い走りで白熱した戦いが繰り広げられた姫路シリーズ第4戦。
毎年恒例、年1回の変則ルールのワントライチャレンジのイベントです
練習走行に続き予選、予選の順位で決定した走行順で本番1本勝負となります。
本番1本勝負ですから、もしMCしたらこの日はリザルトが残りません!!

雨の中、テントでWIZARD本部を立て、風対策と雨漏れ対策を講じて準備万全。
今回はB1でN島さんとH垣さん、RT3で黒兄と白兄がセブンでダブルエントリー、かあちゃん応援。
練習走行でコースの感触を掴み、いざ予選。
この予選で黒兄白兄仲良くパイロンタッチでアルファベットだった

予選は触った人やブレーキングで失敗した人などありましたが、B1のH垣さんとRT3白兄とうちゃんがそれぞれ予選1位通過を果たしました。
昼頃の雨が一番雨がキツくて、歩く気力もゲンナリ。
でも勝負の方は燃える。
昼休み時間に心理戦も展開されたりで、パイロンに触ってくださいと懇願する人がいたとかいないとか

止まぬ雨の中の本選スタート。
N島さんがギャラリーステージ正面で念願のサイドターンを決めると、彼のサイドターンの成功を見守る?MCが「決まった~」とめっちゃ叫んでいた。成功おめでとうでした、次回も期待してるぜ~
白兄とうちゃんはスタート早々で触ったらしく、こちらも喜ばれてしまいました。
そして、攻め切ってビジッと決めたH垣さんと、兄弟予選と順位が入れ替わって黒兄が優勝しました。
画像

B1クラス。この日はオレンジマンのH垣さん優勝。
画像

RT3クラス。黒兄が優勝、白兄とうちゃんが4位入賞。

表彰式が終わって、いよいよ帰る頃になって天気が回復した。
ちーん
カメラが壊れるので走行動画も撮影できなかった。
次回最終戦はいいお天気で1日楽しめますように

さあ、11月からライセンス更新が始まりますよ。
皆様、忘れずによろしくです(^^)/

JMRC西日本フェスティバスin近畿(名阪C)

超極悪台風21号の影響をモロに受けて、土日2DAYイベントを雨の中で過ごすことになってしまった
ジムカーナ西日本地域のお祭りイベント。
我らがWIZARDからはN島さんと180さんの2人が参戦しましたが、180さんよりレポートが届きましたのでご覧ください!

******(台風来たぜ、西フェスいろいろ)*******

名阪スポーツランドで開催された、西日本フェスティバル(西フェス)に参加してきました。
今回wizardからはB1クラスにN島さんとBR2クラスに私(180)の2名が参加してきました。

西フェスは全日本の大会と同じく土日の2dayイベントで、土曜日が公開練習、日曜日が本番となっています。
西日本の各地区が持ち回りで開催していて、近畿での開催は5年ぶりとなりました。

大きな大会への参加は久しぶりだったので、参加できるべく何ヶ月も前から少しずつ準備を進めていましたが、イベント時の天気予報は見事に雨…。それも台風直撃というとんでもない予想に。
画像

それでもドライやウェットなど路面に迷う必要もなくなり、荷物も雨仕様に決めて用意できるからと前向きに捉えて、当日をむかえました。結局天気は予報通りと言うかそれ以上に、土曜日の前日練習会も日曜日の大会当日も一日中しっかりたっぷりと雨でした。

日曜日の開会式の際には、会場の名阪がある山添村には「警報が発令中」との発表があったり、同じ日の鈴鹿でのレースは中止になる中を、西フェスは物ともせずに競技がスタート。
本番では土曜日の公開練習のコースを少し変更したレイアウトで、池!があちらこちらに出来ている中を、各車が果敢に攻めて行きます!

肝心な二人の走りは、N島さんはこの大雨になかなか車が言うことを聞いてくれずに残念ながらアルファベットがついてしまい9位、私(180)は消化不良ながら実力通りの13位でした。
入賞者にポイントを付与して争われる地区対抗戦では、何と近畿地区が昨年に続いて2年連続優勝を飾りました!
画像

大きな大会ならではのケイタリングでは、フランクフルトや551蓬莱の豚まんが無料で振る舞われ、雨風で体感温度が劇寒な状況だったので温かい食料を美味しく頂きました。

表彰式後には近畿の参加メンバーに対して、部会から今年はJMRC近畿の文字が入ったジャンパーが支給されました。
他地区の方々と交流が持てたり、競い合えたり、全日本レベルの雰囲気を楽しめたりもする西日本フェスティバル。来年は中国地区での開催となります。皆さんも参加してみてはいかがでしょうか?

*******(以上)*******

という事で、走るのがやっと、なコンディションの中での戦いであったようですね。
悪天候の中で大変でしたが、風邪ひいてないかな?
お二人ともお疲れ様でした!
そして、180さんレポートありがとうございました
で、抽選のことがひとこともなかったので、例によってWIZARD的強運を発揮してしまったのだな!?
近畿シリーズ関連のイベントはこれで終了ですが、あとはJAFカップが残ってますね。

あと姫路シリーズは残り2戦。次の第4戦のワントライが29日なのですが、なんと今回も台風接近中!
いや~ん、2週間連続になるの!?
頼む、どっか行ってくれ。唯一モノが当たる姫路戦を楽しませてくれっ!!

レース組はN村さんがあちこちバリバリ走って楽しんでおられるようですね。
実はうちのクラブでは、今一番走ってるのはN村さんだと思う
残りのイベントもご健闘応援しています(^^)/

ではでは~

近畿ジムカーナミドルシリーズ第7戦@名阪E

8月も下旬なのに、まだまだ残暑厳しい毎日。。。
シリーズも終盤の名阪に参戦してきた180さんからレポートをいただきましたので、お楽しみください!
では、どぞ

-----(ここから参戦レポート)

ミドルシリーズも今回を含めて残りあと2戦となる、第7戦に参戦してきました。
画像

今回WIZARDからはエキスパートクラスに黒兄さん、GT1500クラスにN島さん、そして名阪を走るのは約1年ぶりとなった私(180)はGT-FWDへそれぞれ参加となりました。

当日は朝から快晴でしたが、真夏の名阪。太陽を遮るものが何も無い山の中で、暑さとの戦いにもなりました。
コースは前半に内周やサイドセクションがあり、後半に外周を使った高速セクションとなっていました。

結果はハンデ戦でもあるエキスパートクラスに参戦の黒兄が表彰台(=賞金)までコンマ数秒の差(!)で5位。
N島さんは走るたびにリズムに乗っていき、ご本人も楽しみにしていたラストの2本目で、2コーナーで行き過ぎてしまい残念ながら万事休す。しかし後半セクションはクラス3位の速さで、次戦に期待出来る走りでした。
私(180)は走るたびに周りのライバル達に置いていかれ結局7位。しかし久しぶりの名阪をしっかりと満喫出来ました!

表彰式後の抽選会では、早期申込者を対象としたタイヤがもらえるじゃんけん大会に参加した私(180)がもちろん一発で敗退。
画像

その後の抽選では黒兄や私(180)はかすりもせずに、かろうじてN島さんがゲットするといういつも通りのWIZARDでした。

シリーズも終盤戦を迎えクラスによってはチャンピオンが決まり、表彰式で豪勢な水かけでお祝いされていました。チャンピオン戦も含めても残り数戦。ラストに向かって皆さん頑張ってください!

-----(以上です)

180さん、参戦レポートありがとうございました!
久々の名阪を満喫できたようで何よりです(^^)
真夏の勝負、参戦のお三方お疲れ様でした。
最終戦まで、楽しんで自分の走りを極めてくださいっ

近畿ジムカーナミドルシリーズ第6戦@名阪C

暑中お見舞い申し上げます。
セミの大きな鳴き声が聞こえて来て、夏休み感満載ですな
先日のミドル戦の参戦レポートがN島さんより届きましたので、ご紹介いたします!

------(ではでは、どうぞ~)-----

23日の日曜日、名阪Cコースでミドルシリーズ第6戦に行ってきました。
WIZARDからのエントリーは………ありゃ、私(N島)だけ(^_^;)

コースはパドック横のヘヤピンでの折り返しが2回ある、なかなか新鮮&長~いレイアウト。
画像

GT1500は私(現在シリーズポイント5位)を含みポイント上位5人が全員参加+ベテランな方がデミオで参戦と、気の抜けない状況。
1本目、1"47"099で6番手。それも1位とは5.8秒もの大差(-_-;) だけど4位との差はコンマ3秒弱の僅差!

練習走行ではわざとスラロームに突っ込み過ぎアプローチを試して突っ込み限界を確認して(笑)
そして臨んだ2本目、中間でコンマ7秒+後半1.4秒短縮して1"44"994で4位。その後5位のRX8と4位のミラがともに中間タイムが私とほぼ同タイムでヒヤヒヤでしたが抜かれることなく4位確定となりました。
画像

これまでだったら貯金を吐き出してしまうターンセクションで2人より良いタイムだったのが正直嬉しいです(^^♪


さてさて、表彰式後の抽選会ですが、この日はタオルとかTシャツなどの小物は無くサーキュレーターやクーラーボックス・折りたたみチェアーなどソコソコな景品でしたが、私は呼ばれる事なく終了でした(^_^;)

以上、次戦はミドル第7戦の予定です。
ではでは N島でした。

-----(以上~)----

N島さん、レポートありがとうございました!
そして4位入賞おめでとうございました。
惜しかったけど、自分の攻め所を考えてコース攻略を組み立てる、そして自分なりの手応えも感じられたようなので、良かったですね(^^)
次戦でのご活躍も応援しております

私は完全に夏バテている。。。
見た目は元気だけど、めまいがする。
みなさんも夏の低血圧や脱水には要注意ですよ~